同窓会の幹事代行

同窓会の幹事代行業者・サービス会社の口コミ比較ランキング

同窓会の幹事になっちゃった。何か便利ツールはないかな…って検索してみると。これが本当にたくさんあって、どれを何にどう使うと便利なのか、全く分からない!…と言うことも。ぜひこちらで確認して行って下さい。

笑屋の同窓会

同窓会 代行

≪選ばれるポイント≫
◎業界最大手(開催実績数が最多)
◎同窓会後もコミュニティーが継続
◎全国主要都市にプランナーが在籍

○スポンサーが付けば会費が下がる
○幹事の費用負担なし
○プライバシーマークを取得
同窓会 代行

 

同窓会ネット

同窓会 代行 業者

≪選ばれるポイント≫
◎業界で一番の老舗(2002年11月開始)
◎リーズナブルな料金設定
◎多くの提携会場から選べる

○ずっと使える専用ホームぺージ
○幹事の費用負担なし
○プライバシーマークを取得
同窓会 代行 業者

 

同窓会本舗

同窓会 代行 サービス

≪選ばれるポイント≫
◎累積開催数1,500校以上
◎専属プランナーがフルサポート
◎予算に合わせた事前提案

○ずっと使える専用ホームぺージ
○幹事の費用負担なし
○ドタキャンのリスクがない
同窓会 代行 サービス

 

 

同窓生を集める

現状持っている名簿が古く、住所が変わっている方が多い場合、参加者以前に案内状を送ることもままなりません。まずは一人でも多くの方へ連絡をつけなくてはなりません。「同窓会をやります」と情報を広めるために利用できるのは口コミなど人海戦術と、今なら絶対ネットです。

 

個人とつながる目的で広く利用されているSNSからTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)など。同窓会なら「ゆびとま」と言うサイトを使ってみてはいかがでしょうか。

 

学校名、同期会、クラス会をタイトルにしてブログを作り、そこへ誘導しても良いでしょう。幹事会としてメールアドレスを設けても良いでしょう。昔ながらの「新聞広告を載せる」「ダメもとではがきを出す」なども忘れずに。デジタル、アナログ、あらゆる手段を使いましょう。

 

開催時期を決める

日程調整など、メンバーの意見を聞きたい時の便利アプリもたくさんあります。まずスマホをお持ちの方ならLINE(ライン)を利用する手があります。グループは最大200名、同期会、クラス会の規模なら十分対応できます。大まかにいつ頃開催が良いか、いつならたくさんの方が参加できるか、ネット経由ならアンケートも簡単です。

 

あとはアクセス制限されたブログを作れば、その後はブログ内で意思疎通を図ることができますし、メールを使う場合なら、タイトルに簡単に内容を入れてもらえば、幹事が膨大なメールを開封する手間を省けます。

 

同窓会幹事代行サービス

「幹事、引き受けます」と言う大変頼もしいサービスです。誰もやりたがらない面倒な部分をプロにお任せすることで、全員が楽しい同期会やクラス会が可能です。幹事は名簿を作ればOK。あとは案内状を作ったり発送したり、会場とのやり取り、当日のパーティプロデュースや会費徴収もお任せできます。準備金、ドタキャン対応などの心配もありません。

 

笑屋の同窓会、同窓会プロ、同窓会トータルサポート、同窓会本舗などが有名どころ。他にもたくさんあります。開催できる地域が限定されたり、提携している会場からしか選べないなど、完全に望むまま、とは言い難いものの、一番避けたい赤字や、時間、手間が幹事に集中してしまうことは避けることができます。

 

幹事は名簿を用意するだけ。幹事代行サービスを利用すると、同窓会グラフなど、招待形式のネット掲示板をみんなで利用したり、専用できるHP(ホームページ)やブログを作ってくれて、同窓会が終わってからも利用することができます。その後も連絡がつかなかった方を探したり、また次の集まりを計画するのも簡単ですよね。

 

これら幹事代行サービスを利用するもう一つのメリットは、スポンサーをつけられること。掲示板に広告が乗ったり、同窓会当日、試供品を配られるなどを受け入れれば、費用を一部負担してもらえるのだとか。幹事代行業者の利用でリーズナブルな会費にすることもできるなら、ちょっとうれしいですよね!