同窓会の催し物・余興

同窓会で盛り上がる催し物・余興ゲーム

同窓会を楽しくしたい!すべての幹事さんの願いですよね。催し物は重要です。

 

余興って必要?

クラス会など、仲が良かった方だけで集まったり、クラブのOB会など、全員が同じ目標に取り組んだりした経緯があればこそ、昔の思い出話は楽しいもの。そこから現在のそれぞれについても思いが及びます。こういった親密な方ばかりが集まる同窓会では、催し物が必要ないとも言えますし、むしろ邪魔になることさえあるでしょう。

 

特にビンゴは、出た番号をちゃんと聞いていないと成立しません。そんなことよりおしゃべりがしたい、と言う方はそっちのけになることも多く、盛り上がるゲームとは言えない場合もあるようですよ。

 

話題が尽きたころ、少しお楽しみがあると雰囲気が変わってまた会話も生まれます。余興が多すぎるのは歓談の時間を奪うので良くありませんが、同窓会の規模が大きい場合は特に、催し物を1つ、2つ用意しておくと良いでしょう。

 

ゲーム大会

ゲームでランキングして、勝者にのみ景品が配られて喜ばれるのは、営利目的の集会などに限定されるようです。同窓会はすべての方へ平等に機会が設けられるべき。景品を用意するなら賞状や敢えて手作りの王様冠、メダルなどにすると、「大人」とミスマッチして面白いものです。記念撮影してもとっても思い出になります!

 

大人数でやるなら、クイズ大会がおすすめです。立食パーティーでは会場を広く使えます。○×など2択にしておいて、間違ったら壁へ寄ってもらうなどすれば、優勝者まで決めることができます。

 

問題はぜひ学校のこと、当時の思い出から出題しましょう。校歌や当時みんなの間で流行ったヒット曲、給食や学生食堂のメニューから質問を作ったり。みんなが関連することなら、もう間違った人たちもそれぞれ、最後まで楽しめます。

 

こんな余興は?

子どもの頃遊んだレクリエーションを今、やってみては?じゃんけん列車やだるまさんが転んだなど、懐かしい遊びをやってみましょう!同期会、同窓会など大人数の場合は、クラス対抗にしたり1回戦、2回戦など勝ち上がり戦に別けるのも良いでしょう。

 

サプライズで出し物をしてくれる方を探すのも良いですね。趣味が音楽の方、ピアノ伴奏をしてくれていた方に声をかけて一曲弾いてもらったり、仲間がたくさんいる方にお願いしても良いですね。ダンス、歌の動画を投稿している仲間がいたりすればしめたものです。探して見てはいかがでしょうか?

 

定番スライドショーが一番楽しい

会場にプロジェクターを用意して、昔の写真でスライドショーを上映しましょう。幹事の手間は増えますが、やはり一番盛り上がります。ぜひ準備してみて下さい。