同窓会に行かない理由

同窓会に行かない理由とは?格差・劣等感・疲れる楽しくない

「同窓会は楽しみだし呼ばれたら絶対行きたい!」と言う人と、「あんな場所に誰がのこのこ…」と言う人。どっちが多いと思いますか?30代以上になると、その出席率は3割くらいになるのだそうです。7割の行かない理由を見てみましょう。

 

格差

「同窓会って、幸せな人しか行けないのよね」とは、マツコ・デラックスさんの言葉だそうです。

 

人間は社会を築いてしか生きていけません。ヒエラルキー(階級制)が自ずと形成される同窓会や同期会、クラス会では、自分の位置づけに居心地悪さを想像し、行くべきか迷う方はとても多いです。これを気にしない方や気にならないスタンスの方、つまり幸せな方が集まる結果に。

 

ポルシェやベンツ、腕時計自慢につき合わされ、成功者の振る舞いを見てまるで自分が底辺にいるような惨めな思いをしたことがあったり、今の仕事の営業をされたり。途中で帰る人の中には、それ以降参加しないことに決める方も。負け組の妬みを生み、勝ち組は自覚なく優越感をひけらかす形になる、それも同窓会かも知れません。

 

個人の意見

一度も同窓会に来ない人は、行かない理由として同窓会そのものがくだらない、うざい、めんどくさいなどの意見を持っていることがあります。同窓会が無駄、無意味だと思っている方は多いです。おしゃべりが苦手で、人ごみを想像するで憂鬱だし疲れる、辛いと言う方も。同級生とは話が合わない、興味ない。嫌いな人と会話するのが気まずい、怖いなど、対話そのものがネックで、緊張する方も増えています。

 

同窓会だったの?

学生の頃は影が薄く、忘れられていて呼ばれない人、当時かなり浮いていて誘われない人も。浪人だから勉強優先、友達いない奴だったから、呼んでもどうせ「(ひとり)ぼっち」、楽しくないだろうと勝手に決めつけられている場合もあります。

 

現状に劣等感を持っている

昔は人気者だったのに、今は無職で「無双のあいつがまさかニート」とか思われたくない、ダウンギャップも出たくない理由になります。誰よりも高学歴だったのに、就活に失敗して悲惨な現状…とか、離婚、未婚などに触れられたくない方も。今の見た目が理由で乗り気じゃない場合もあります。経済的にムリな方などは、行かない理由を別に用意するかも知れません。

 

公務員、大企業、医者、弁護士、パイロット…普通の人っていないの?

これではいわゆるエリート以外は同窓会に参加できなくなってしまいます。ちやほやされたくて無用の見栄を張ったり、悔しい思い出から人生の逆転に成功し、相手を見返すような品性に欠ける発言をしてしまったり。「アイツが来るなら行かない」など、何らかのわだかまりを持っているケースも聞かれました。たくさんの人に来てもらうためには、何をすればよいのでしょうか?

 

楽しい集い

1回、2回と会を重ねるほど参加率が悪くならないよう、さりげなく注意喚起しておくのも良いでしょう。こういうときに、同窓会でHP(ホームページ)やブログを一つ開設しておくと便利ですね。勇気を出して参加できるよう、独身の幹事を看板にしたり、バラエティーに富んだ幹事会メンバーを集めるのも効果的です。

 

会話のマナーも推奨しましょう。勤め先や年収、学歴はやたらにたずねないのが人としてのマナーですし、来てない人の悪口などもっての他。「上手なおしゃべり方法」のサイトページを紹介したり、気配り上手を幹事会に引き入れ、会場で退屈そうな人がいたら声をかけても良いかも知れません。やたらと喋りまくるよりは、品の良い会話を勉強しておき、お料理や飲み物を上手に利用するのもおすすめです。