同窓会の会費はいくら?

同窓会の会費はいくら?平均予算や費用の内訳について

同窓会の会費、どうしてこんなに高くなった?となんだかんだ文句を言う方も時々居られるようです。会費がふさわしい、と感じられる同窓会を開くために。具体的に一つずつ見て行きましょう。

 

会費の内訳

同窓会の会費には、会場費、お料理、飲み物などの最低限必要な実費のほか、余興で使う機材の使用料金、案内状の作成、送付など諸経費、記念品、恩師分の費用、プレゼント代が全て頭割りで含まれます。参加する人には等しく同じ機会が与えられるので、問題ありません。気を使う部分があるとすれば、予備費として含める「ドタキャン対策」です。

 

大抵1人か2人、急に来られない方がいます。会場へ対応を申し入れ、可能な限り対処しますが、キャンセル料の発生やキャンセル不可などの状況になった場合、幹事や幹事会で負担する羽目になります。それを回避するために、一人分の会費に100~200円、上乗せさせてもらいましょう。あまり高いと本当に余ってしまい、ピンハネの状態に。かと言って安いと、不足は幹事の負担になります。

 

二次会は、参加する人、しない人がいますので、別途支払いにします。会場を変えるのもそのためです。もしみんなが来てくれて、ドタキャン対策費が浮いた場合は、同窓会の今後の運営費へ回したり、メールのやり取りなど通信の手間を負担している役員、幹事にいくらか渡すなどを、全員の前で幹事のリーダーが発表しましょう。「異論がございましたら…」と会場を見回せば、たいていは納得してくれます。承諾頂いたら、お礼をしっかり申し上げましょう。

 

目標金額を設定しよう

同窓会の平均予算は5千円から1万円と言われます。若い方はもっとお安く、手軽に。ご年配はやや高額でしっかり、と言うパターンもあります。相場に近いのが望ましいでしょう。値段が一番大きいのが、会場費です。まずどんな会場がふさわしいか、考えましょう。

 

クラス会ではそれほど大きな会場にする必要もありませんが、同期会などでは大変大規模になる場合もあります。運営が難しく、予想も立ちにくいですが、経費一切は必ずすべて、記帳しましょう。同窓会を開くためにネットにHP(ホームページ)やブログを開設することもあります。記帳しておけば、事後にネット上で明細を公開することも可能ですし、不満を持っている方もそれを見て納得するかも知れません。

 

大人になれば、幹事とは大変な大仕事だとわかっている方が多いです。みなさん喜んで会費をお支払いくださるよう、過度に豪華にしたりせず、人とのつながりを強めることに重きを置くと良いでしょう。