同窓会の時期や日程

同窓会のタイミングはいつ?時期や日程・曜日・時間帯など

「同窓会って、いつがいいんだろう。」人生の節目にもなる同窓会は、卒業後どのくらいのタイミングが良いでしょうか。あとやっぱり帰省する人が多いのはお盆にお正月?何時からがいい?ランチ?ディナー?二次会もあるから…頭がいっぱいになりますね。

 

卒業後〇年記念

クラス会など仲良しで集まるのは1年ごとにあっても良いですが、あまりの頻度が高いと話題が尽きることも。仲良しだからできるので、それを同期会、同窓会と一緒にはできませんよね。多くの場合、「懐かしさ」と言うエネルギーが必要です。

 

10年も過ぎると、人は何らかの新しいステージへ進むと考え、キリの良い数字が来たからちょっと考えてみようかな、と言う方が出てくるようです。まず高校を卒業する時は大きな節目です。小学校、中学校は地元で過ごし、高校で地域を出る方が多く、大学進学で地元を離れる方や、すぐ社会に出る方もいます。ここで一度集まって、お互いエールを送り合いましょう。この直後になりますが、成人式の後に同窓会、と言うパターンもあります。

 

学年での集まりは厄年に開催し、厄払いを同時に行う方法もあります。でも厄年もなかなかハイペースだし、男女でも異なりますので、男子校、女子校が行うと考え、共学の同窓会では気にしなくて良いでしょう。

 

何歳でも同窓会はできますが、30代は一番忙しい年齢かも知れません。結婚し、こどもが生まれる時期でもありますし、幼稚園お受験だ、保育園のお迎えだと日ごろ何かと忙しく、仕事も一番の稼ぎ時です。独身の方々が焦る時期でもあり、「その点、触れてくれるな」と言う方は出席してくれないでしょう。

 

定番時期は、お盆休みと年末年始ですが…

地元を離れている人のために、帰省シーズンに同窓会を設定するパターンは結構多いです。しかし配慮もむなしく、案外出席率が低いのだとか。

 

お盆、お正月、ゴールデンウィークともに、実家での予定が入る可能性も高いですし、働き方の多様化から、その長期休暇が一番のハイシーズン、と言う業種の方も増えています。もしかしたら、なんてことない普通の土日が一番良いかもしれません。

 

結局全員にとって都合の良い日にちなど、この世には存在しません。同窓生から有名人が出て、みんなが会いたいなら、その方のスケジュールに合わせることもあるかも知れませんが、一般的にはなかなかない決め方です。

 

ここは一つ、開催時期は神様にゆだねましょう。「発起人が言い出した日から半年後の日曜日」など、準備がしやすい日程に赤丸印をつけてしまうような方法でも、問題はないかと思います。

 

部活の同窓会など、異種同窓会

例えば吹奏楽部の同窓会なら、大会へ応援見学の後、食事会を開いたりできますし、運動部でも同じです。現役クラブの予定に合わせて楽しめば、OB会の規模も膨らむかもしれません。アイデア次第で楽しい集まりになるでしょう。

 

時間帯の「いつ」

最近は同窓会でバーベキューも楽しまれます。となると暗いと準備にもなりませんから、昼間のうちに片付けまでしたいところ。午後3時集合でギリギリ、日没前には二次会の居酒屋さんへ、と言うコース設定ができます。

 

ホテルなども同様で、午後から夜になる間の2、3時間を予定しましょう。15時~18時などになります。定年後の同期会ならいつでもいいな、と言うのは定年退職された方の発想です。中には現役でバリバリ働いている方もいらっしゃいますので、「定年者の会」にしたくないなら時間帯は配慮しましょう。